最近ようやく梅雨らしく曇天がつづく6月某日、



地域に根ざしたマイナー路線で営業されていたものの、最近グーグルマップに店舗が表示されお客さんが徐々に増え始めているという噂のメダカ養殖兼販売所、

16 047

「めだか小屋」さんに今年も行ってきました。

マップの表記には「の」が入っていますが、正確には「めだか小屋」ですのでお間違いなく。

17 009

めだか小屋さんには、例年5月初め頃には必ず訪問して記事にしているのですが、

(昨年→メダカの季節2016

今年は春先からエビにドハマリしていたので、完全にシーズンが始まって梅雨入りしてからの訪問となってしまいました。

17 002

今回は約1年ぶりの紹介となりますが、めだか小屋さんの昨年との大きな違いはといえばこれ。(↑)

看板が新しくなっています!

前のサイケでビビットな看板から、一転、本格的な専門店の看板にイメージチェンジ。

17 009

看板は変わりましたが、お店の中の様子は変わらず、奥に進むとトロブネ数十艘に無数のメダカがお出迎え。

何度も言ってますが「圧巻」の一言です。

17 010

新しいメダカがかなり入っていたので、ここでいくつかピックアップして紹介したいところでしたが、

17 011

時間帯が悪く、水面が反射してぜんぜん写真がとれなかったので、残念ながら今回の紹介は割愛。

一艘一艘、店長さんから丁寧にメダカの説明を受けたのですが、ホントすみません。

17 018

ただ、新しく増えていたメダカの多くは「スワロー」という品種で、

17 018^

尾ヒレが異常に長く、まるでグッピーのような外見。

「メダカもとうとうここまで来たか」という感じで、上見よりも横見主体のメダカさんのようです。

「楊貴妃スワロー」や「幹之スワロー」などいろいろいましたので、気になる方は是非現地でチェックをお願いします。

17 008

今回は残念ながらメダカさんはほとんど写真に納まりませんでしたが、

17 005^

唯一しっかり撮れたのが、めだか小屋のビオトープの主(ぬし)、

17 004^^

体長15cmほどの巨大ヒキガエル(?)様。

カメラを向けても一切逃げず、のどを膨らませながらゲコゲコ鳴いておられました。

メダカ以外の生物との触れ合いも、このお店の魅力の一つといったところですかね。(無理やり)

17 014

ということで、2017年の訪問は要領が悪くてかなり簡素な記事となってしまいましたが、メダカとの素敵な出会いをお求めの方はぜひ直接「めだか小屋」さんに足を運ばれてみてください。

メダカのシーズンはまだまだこれからです!



水作 リトルアクアリウム メダカ飼育基本4+2点セット 関東当日便
水作 リトルアクアリウム メダカ飼育基本4+2点セット 関東当日便


人気ブログランキングへ