水槽内のいたるところを今度は藍藻に侵食され遮光態勢に移行した前回。

(→遮光で藍藻に対抗する(準備編)

IMG_0840

段ボール箱をかぶせて1週間が経過し、いい頃合いなので、開封して中を覗いてみたいと思います。

IMG_0848

ズバッとあけると、

IMG_0867

水がキラキラ。

以前に遮光したときもそうでしたが、浮遊性藻類も遮光で撃沈してしまうので水の透明感が違います。

まるで入れたての水道水のような濁りのなさ。(例え下手)

IMG_0852

肝心のキューバ畑の状況はというと、

IMG_0853

ベットリとソイル表面や葉っぱについていた藍藻は綺麗に消え失せ、

IMG_0851

初々しいキューバの新芽が広がる緑の草原が見事に復活。

一発で結果が出るって、ほんと気持ちいいです。

IMG_0864

開封後も、残存兵がいないかと、エビさんが頼もしくキューバ畑を見回ってくれていますが、

IMG_0857

元はといえば、彼らがキューバの葉を食い荒らしたのがそもそもの事の発端。

これまでの経緯
  1. エビさんがキューバを食い荒らす
  2. キューバに勢いつけるためCO2添加
  3. CO2パワーでロタラが繫茂しキューバエリアに侵攻&藍藻出現
  4. ロタラ伐採引き抜きによりキューバエリア壊滅&藍藻散布
  5. 藍藻が侵食し遮光対応←今ココ

可愛い仕草につい忘れがちですが、自主警備はそこそこに早く切り上げてもらいたいところです。

IMG_0854

水草の影響はというと、ロタラは間伸びせず遮光前の状態をキープしていましたが、

IMG_0858

対してキューバは、匍匐せず光を求めて上に向かって伸びていて、カイワレ化一歩手前という感じ。

IMG_0862

もう一週間くらい続けたら収穫できるくらいにまでなったかもしれませんが、今回はこれで終了。(楽しみにされていた方はすみません)

IMG_0848

なんだかんだで、長かった軌道修正も今回の遮光でようやく完了しそうな感じなので、

このまま様子を見ながら次のプランを練りたいと思います。



(水草)組織培養 キューバパールグラス(無農薬)(1カップ)
(水草)組織培養 キューバパールグラス(無農薬)(1カップ)


人気ブログランキングへ