アオミドロに覆われた当ブログのメダカ鉢1号。

004

(→アオミドロみたいなものを観察する

前回の茶番はさておき、割と本気でアオミドロの駆除に乗り出しました。

038

ところが、シンプルに手で取ろうとすると、アオミドロがからまった他の水草たちが連鎖的に抜け崩れていく始末。

とろろ昆布ごときと安易に考えていましたが、これは結構面倒くさそうな状況です。

023

それでもある程度までは手で掬い取りましたが、さすがに水草に気を使いながらだと全部は無理。

024

他の手段を探るために、コリドラスとエビさんの水槽に取ったアオミドロを投入すると、

034

ミナミヌマエビが寄ってきてすごい勢いでツマツマ開始。

035^

確かにみそ汁やうどんに入れるとうまそうな雰囲気はありますが、そんなに好きかと突っ込みたくなるくらい一心不乱。

040

地味にコリドラスもアオミドロの塊に頭を突っ込んでパクパク。

あまりの食いつきに、自分もちょっとつまんでみようかと考えてしまいます。

025^

結果、割と多めに投入したアオミドロが、

006

3日後にはきれいさっぱりなくなりました。

これなら鉢にエビさんを何匹か移動させればアオミドロの駆除ができそうな感じ。

004

ということで、30H水槽から比較的大きめのミナミヌマエビさん3匹をチョイスし、

005

メダカ鉢1号に引っ越し。

004

水槽に投入した量の10倍以上かつ少数部隊なので、さすがに時間はかかると思いますが、

エビさんたちのとろろ昆布にかける想いの強さを、しばらく観察して見定めようと思います。



(エビ)ミナミヌマエビ(20匹)+(2匹おまけつき) 北海道航空便要保温
(エビ)ミナミヌマエビ(20匹)+(2匹おまけつき) 北海道航空便要保温

 
人気ブログランキングへ