前回、壊れたCO2用電磁弁を分解しても結局治らなかったので、

(→ CO2用電磁弁が壊れたので分解してみる

038

いさぎよく、似たような製品を探して購入してみることにしました。

monotarou

機械部品ならなんでもございの通販サイト「モノタロウ」で検索すると、

prtscr

EXAシリーズ 圧縮空気フロー用パイロット式2ポート電磁弁
定格電圧 AC100(V)、接続口径 ワンタッチ継手Φ6、EXA-C6-02C-1
販売価格(税別)¥3,250

都合よく似た商品が登場。

作動圧力差範囲(MPa)0.01~0.7/流体温度(℃)0~55(凍結のないこと) /仕様内部排気仕様 /オプションなし /接続口径ワンタッチ継手Φ6 /ポート数2 /材質(シール)H-NBR /定格電圧(V)AC100 /最高使用圧力(MPa)0.7 /作動方式パイロット式 /作動区分NC(通電時開)形 /使用流体圧縮空気 /弁構造パイロット式ダイアフラム駆動 /コイルリード線(標準) /分岐数-
(モノタロウ商品ページより)

仕様を確認してみても壊れたチャーム電磁弁とほぼ同じなので、ポチっと購入してみます。

値段は送料込みで4,125円。

003

数日後、無事に商品が到着。

005

開封すると、中には見慣れた電磁弁が一つ。

006

比べてみても、外観は壊れたチャーム電磁弁とほぼ一緒。

これなら今までと同じように使えそうな感じです。

017

ただ、この製品はコンセントプラグが付いていないため、ソレノイドにつながっている青いリード線にプラグをつけなければ使用できません。

007

適当なテーブルタップをちぎって部品調達してもよかったのですが、せっかくなので工作用のプレーンコードを購入し、

016

ギボシ端子を使って接続します。

023

作業自体は単純な「コードの延長」なので接続の仕方はいろいろあると思いますが、今回は一番シンプルなやり方でトライ。

021

接続するコードの先端を適当にカットし、ビニル被覆をストリッパーでむいて、

025

圧着ペンチでギボシ端子を圧着。

028

あとは端子のオス・メスをはめ込めば、あっというまに完成。

金属部分が露出したままだと危ないので、ビニルテープを巻いて忘れず絶縁処理。

029

接続口径6Φ仕様なので、今まで使っていた耐圧チューブがそのまま使えます。

さっそく取り付けて試運転してみると、

032

無事CO2放出。

034

そして電源オフでちゃんとカット。

一週間様子を見ましたが、ちゃんと動作してくれていました。

037

実は電磁弁が壊れていることに気づかず24時間CO2を垂れ流し、

短期間のうちにかなりの頻度でボンベ交換をしていたのですが、

036

それもこれも全て知識と経験の糧となるということで、

無駄に消費したボンベのことは新たに得た「電磁弁の構造理解」と引き換えに全て忘れることにします。

(お魚飼ってるとなぜか工作に強くなるというあるある)



Leaf CO2 ボンベ 74g 5本セット 炭酸ボンベ 汎用品 新瓶 関東当日便
Leaf CO2 ボンベ 74g 5本セット 炭酸ボンベ 汎用品 新瓶 関東当日便


人気ブログランキングへ